093 舞台・或る、致し方ない罪に対する やるせない復讐のはじまり@下北沢・「劇」小劇場

撮影会のあと、時間あったので新宿御苑に桜を撮りに行ったら既に閉園していました・・・ ので、そのまま下北へ移動してサイゼリアで時間つぶして、久しぶりの舞台観劇へ!!! 調べてみたら、前回が2月23日の眠狂死郎だから約2ヶ月ぶりでした。小劇場に入ったのもかなり久しぶりで恐らく2年くらい前に日テレアナウンサーの朗読ショーを見に行って以来かなぁ? ここは前方座席が長椅子となっていてかなり狭いので大の大人にはキツイ>< 俳優坂上さんの脚本らしいのですが、かなりぶっ飛んだ感じになっていてまさに小劇場向けな内容でした(笑 色んな舞台がある中でこういう舞台があるってのは面白いことだな的な感じがしちゃう舞台です。終始、お下劣ネタが飛び交うのですが、どっちかというと男性よりも女性が見た方が面白いのかも? 客席にいた関係者や年配女性からは爆笑が随所に溢れていました。蘭々さん目当てでいったのですが、いつも以上にかなりポーカーフェースな感じがでているなぁと思っていたのですが・・・どうやら、昨日の舞台途中で過労で倒れて病院へ行くため公演中止になったらしい>< 蘭々さんがご無事であることを願います><

AVANCE PRODUCE
SHINOBU's Brain in the soup Half
「或る、致し方ない罪に対する やるせない復讐のはじまり」

血みどろの復讐であったり、愛情であったり、愛していたからこその血みどろであったり、誰が罪人で、誰が被害者なのか? 真実を求め、自らの血を流した10人の男達、女達。復讐という名のゲームが、はじまった……。鈴木蘭々野々村真の他、人気劇団の看板俳優達を起用。どこかで……【血の薄い時代】に、血みどろの舞台を。

出演

坂上忍

鈴木蘭々
野々村真
村上航(猫のホテル
お宮の松
古山憲太郎(モダンスイマーズ
広島光(新宿梁山泊
今藤洋子
憩居かなみ
傳田圭菜

永澤俊矢